スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18

先日何気なく見たTV番組で放映されていた「フィギュアスケート:ジャパンオープン」
高橋大輔選手の演技の際に使用された曲に聞き覚えがあった。
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」
数年前、知人から勧められた数曲の中からハマったのはこの曲だった。
当時何度も何度も聞いた。そしてこの曲を演奏するというコンサートにも出かけた。
先にも後にもクラシックコンサートはその1回のみだ。
スケート選手の演技を見ながら曲を聞きながら色んなことが思い出された。



ラフマニノフ作曲
(Sergei Rachmaninov セルゲイ・ラフマニノフ[1873-1943])
『ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18』がお気に入り
[Concerto for Piano and Orchestra No,2 in C minor, op.18]
第1楽章:Moderato        [10:48]
第2楽章:Adagio sostenuto   [11:47]
第3楽章:Allegro scherzando  [11:27]
持っているCDのピアノ奏者はアシュケナージ+モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
(Vladimir Ashkenazy ヴラディミール・アシュケナージ)
1965年9月ロンドン録音



Do You Know "YouTube" ?


http://www.youtube.com/

YouTube
米国カリフォルニアのユーチューブ社が運営する動画ポータルサイト
ユーザーがアップロードした動画がFlash形式(.flv)に変換され公開される。
アップロード時に著作権者に無断で動画をアップロードしないよう警告されるが、実際は世界中のあらゆるテレビ番組やコマーシャル、ミュージッククリップ等がアップロードされ非限定で公開されており、無法地帯と化しているとの見方もある。
これを受けて先日(2006/03/28)、アップロードできる動画ファイルの再生が10分間までに制限される旨のアナウンスが発表された。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/28/11400.html
2006/04/05のプレスリリース (google翻訳)によると1日あたり100,000,000 page viewsがあり、そのうち6,000,000 の unique users。そして、毎日35,000,000 videoが再生され毎日35,000のnew videosが投稿されている、と公開された。
*はてな[http://www.hatena.ne.jp/]より引用



このサイト凄すぎっ!
ミルスブラザーズやナットキングコールの1930年代VTRを検索していたらこのサイトに遭遇!
日本でも2chで紹介されてから急速に利用者が増えているようだ。
Flashがインストールされていれば容易に見ることが可能。
ブログに貼り付けることだって可能なのだ。

ユーザ登録すればUPLOADだって可能だ。
マイフェイバリットミュージシャンのビデオをUPLOADすれば全世界の人が見ることになるってわけだ。

昨晩、このサイトを見つけて夜中も今日もほとんど見ていたかも。

ってことで貼り付けてみよう。
貼り付けるのはサブ画面のほうに一つだけにしておいたほうがよさそう。 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【“Do You Know "YouTube" ?”の続きを読む】

音楽の日

音楽の日『MUSIC DAY2006』http://www.musicdayjapan.jp/
1998年から始まり今年で9回目だそうだ。

MUSIC DAYとは?
MUSIC DAYは当然ながら「音楽の日」。それは普段では味わえない音楽をいろいろな形で楽しむ事。MUSIC DAYの元祖はフランス。30年以上も前から一年に一度、夏至の日に国民全員で音楽を楽しむ日。おじいちゃん、おばあちゃんから子供までみんながその日を心待ちにしています。
私たちも日本でそんな「音楽の日」があったらいいな、と始めたのがMUSIC DAYです。



2006年5月4日(祝・木) 
渋谷・下北沢など30以上の会場で同時開催される。
気になるミュージシャンもたくさんいるぞ。

出かけてみようかな。

アナム&マキ@「SHAKE THE MUSIC」 2006/03/16登場!

「SHAKE THE MUSIC!LIVE」に出演決定!
BS朝日・GYAOにて放送されるライブ番組「SHAKE THE MUSIC」に出演します!
ライブ日時:3月16日(木) OPEN:18:15 START:19:00
場所:新木場STUDIO COAST 東京都江東区新木場2-2-10 
   http://www.studio-coast.com/
出演:CO-KEY / 猫[ゲスト:大野真澄(ガロ)] / アナム&マキ / 森山良子
放送予定:4月・土曜日夜10時~ 
番組詳細⇒「SHAKE THE MUSIC」http://www.shake-the-music.com/


アナム&マキが出演すると言うことで応募したところ本日当選メールが届いた。
【“アナム&マキ@「SHAKE THE MUSIC」 2006/03/16登場!”の続きを読む】

3月のライブスケジュール

(投稿日時は故意に2006/3/1に設定しています)
3月のライブスケジュール
march.jpg

(2006/2/5更新)
YAHOO!カレンダーにMyFavoriteMUSICIANのLIVE SCHEDULEを記載
http://calendar.yahoo.co.jp/f_kizzy
◎:予約ありorなし/何が何でも行く!
○:予約ありorなし/都合がつけばいく!
×:予約なし/今回は見送り、行かない・・・。もしかしたら・・・。
といった感じであまり役にはたたないな。


「3月のライブスケジュール」と書くと自分がライブ活動しているみたいだけど 
ライブ参戦予定スケジュールということ。
気になるライブをチェック&予約していたら大変なことになってしまった。
現在の予定でこんなだから まだ増えるかも!? 
3月、、BEGINが活動しそうな予感するんです。3月21日をきっかけに何かあるんじゃないかと。

3月19日がやばい!! 

竹内朋康&ザ・レイドバックス@BYG 2006/2/24

会社終わりでBYGへ。到着したのは20時半ごろだったかな。
その日は『竹内朋康&ザ・レイドバックス』が演奏しているとのこと。
ライブチャージ+ギネスをオーダーし地下フロアへ・・・1部最後の曲が演奏されていた。
正直、名前も音楽のジャンルも知らなかった。
構成はギター、ベース、ドラム、オルガン/ピアノの4人だ。音楽のジャンルはロックになるのだろうかフュージョン的な楽曲もあり所々に聞こえるアクセントに心地よさを感じた。
竹内氏のギター演奏がメインの形態でオルガンが入ることでやわらかいテイストに。
ドラムがよかった!なにがいいって?楽器をやるわけではなく音楽的なこともわからないけどキレがあってロックを感じた。RAPを歌いコール&レスポンスなんかもあったり。
個人的にはドライビング・ミュージック!!山道を運転しながら聞いたらアクセルをいつも以上に踏み込みそう。野外フェスや大きな会場でやれるパワーのあるミュージシャンでした。

BYGライブフロアの雰囲気がいつもと違っていてBYGではないような雰囲気で新鮮だった。
ミュージック、ミュージシャン+ゲスト(お客さん)の雰囲気で流れる空気・時間が変わるんだな。

ライブ終わりでそのまま後方カウンター席で音楽友だちと飲む。
後ろ(ステージ側)を振り返ると誰もいなかった(笑)
オーナーとの話し楽しかったです。やっぱ男は!○○○ですよね!

帰宅後「竹内朋康」をネットで調べたところギターリストとして活動および作品参加も多く
最近では『雨あがりの夜空に 35』忌野清志郎 featuring ライムスター
http://www.universal-music.co.jp/kiyoshiro/upch5290.html

01) 雨あがりの夜空に 35 
Produced by Mr.Drunk, DJ JIN, 竹内朋康 
Additional Lyrics by 宇多丸, Mummy-D, DJ JIN 
Guitar Elements by 竹内朋康 
Keyboards Elements by 池田貴史 
Recorded by 村田智宏@Daimonion Recordings, 日田茂@Tycoon Studio, 高野寛@ロックンロール研究所 
Mixed by D.O.I. @Daimonion Recordings

▽SBD(SUPER BUTTER DOG)のパーソナル活動が分かるサイト
http://www.five-d.co.jp/sbd/info/pw/index.html
【“竹内朋康&ザ・レイドバックス@BYG 2006/2/24”の続きを読む】

パイナップルムーン

BEGIN楽曲で好きな曲の『パイナップルムーン』
アルバム『MUSIC FROM B.Y.G』の収録曲だ。

先週木曜日の夜、音楽仲間のYさん&MさんとBYGで待ち合わせ。
今年初めてのBYG、RockやJAZZが流れる店内は時間がゆっくり流れてる。
ライブのある日はゆっくり話せないけど、その日は色んな話をすることが出来た。
ギネス&ナシゴレン、島酒・・・。ごちそう様でした。

One drink, One food, One song
そんな気軽な気持ちで出かけても良いな 


自宅玄関にある絵はトーマスマックナイト。
彼の絵には昼夜に問わず必ず「月」が描かれている。


大阪バナナホールはどこへ。

バナナホールを存続させる会にて署名活動をされています 2/20まで
http://www.bananahall.co.jp/syomei.htm
皆様の気持ちをどうぞよろしくお願いします。



今年25周年を迎える老舗ライブハウス大阪バナナホールが閉鎖されるかもしれない。

▽大阪読売ニュース「バナナホール」が閉鎖のピンチ
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20060204p302.htm
記事内には

ホールを買い戻す3億円の資金調達に奔走しているが、さらに存続の声を高めてもらおうと、ミュージシャンやファンの署名活動を始めた。融資の可否が決まる20日までに1000人をめざす。

とある。 署名くらいならいくらでもヤリマス!
3億円か・・・。想像以上の額だな。
ひとり3,000円で10万人、、、難しいな。
一口30,000円で会員券発行とか アホな頭はこんなことしか思いつかない。
気持ちだけではどうにもならないことはわかっている
わかっているけど見守ることしかできない。。


ボクにとっても思い出のたくさんあるライブハウスだ。
2005年06月12日 『四人歌会(ゆったぃうたくゎい)』
2005年07月21日 琉球舞踊と三線演奏による島唄ライブ
2005年08月05日 バンバンバザールデラックスライブ
2005年11月15日 リクオ&上地等 (BEGIN) ライブ~ピアノマンでいこう!!

音楽の神様! どうかどうかよろしくお願いします。


BILLY JOEL

USEN440 B-24 では
今月のピックアップ・アーティスト 『ビリー・ジョエル』が放送されている。
6時間プログラムを24時間放送で1ヶ月間常に配信しているので何度でも聞くことが可能。
ピアノ・マン
ガラスのニューヨーク
素顔のままで
プレッシャー
マイ・ライフ
オネスティ
ストレンジャー
イノセント・マン
心のままに

などなど 知っている曲は多い。 すごく懐かしい感じがした。
確かマイライフはEP版を買った記憶がある。1970年代後半。
中にはCD化されていないライヴ音源や、入手困難なレア音源もあるそうだ。

Root Beer Rag(ルートビアラグ)という曲は初めて聞いたが
ピアノ演奏音に衝撃が走った。インストルメンタルなのだが猛烈な早弾きだ。
ここをクリックするとサンプリング(30秒)が聞けます。
参考:http://www.towerrecords.com/product.aspx?pfid=1034076

ビリー・ジョエル初の集大成BOXセットが2006年1月25日に発売された。

【“BILLY JOEL”の続きを読む】

気になるミュージシャン アナム&マキ

気になるミュージシャンがいる アナム&マキ という。
05/05/28 六甲山勝手にサタデーナイトライブで衝撃の初対面、
05/12/25 バンバンで有山なクリスマスだで予想外の登場、、
ボクのライブ参戦したいゴコロに火が付いてしまった。

彼女たちの音楽を表現すると・・・ とボクには表現力がイマイチないので
Yahoo!MUSICから引用させてもらった

河島亜奈睦(vo&g)と本夛真季(vo&g)によるフォーキー・ユニット、アナム&マキ。ただし、近年ありがちなJ風情の路上派フォーク・チームとは一味も二味も異なる音楽性/テイストを有する。例えば、アメリカン・ロック~パンク~USオルタナティヴを消化した適度に洋楽的なメロディ・センス。良識主義とは程遠い、苛立ちや焦燥感を独自のボキャブラリーで綴った青春ロック的詞世界。さらにスマートな雰囲気の佇まい。その、予定調和に決して収まらない強烈なアイデンティティが彼女たち最大の武器であり、魅力ではないか。ロックなアーティストであるとつくづく思う。



二人のギターとボーカルが独特の雰囲気を出す(他に見たことない!)

先日1月31日、ホームワーク新年納会に行ったとき社長から
横浜サムズアップで3月にアナム&マキとライブをやるという告知があった。
関西出身のミュージシャンなので関東圏のライブが少なくワンマンライブを見たいと思っていたが
バンバンとのセッションも気になるので 是非出かけて見たい。
スケジュールが気になるところだ。

▽アナム&マキ
 http://www.amiru.net/hole-roll/

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。