スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフト&スムース

昨日JAL便に乗った際音楽を聴いたのだが
いつも聞くCHでないものを聞いてみた。それはいかにも「おきなわ」だったからである。

・十九の春/琉球交響楽団
・宮古のあやぐ/風うた
・夜間飛行/TINGARA
・童神/パトリック・ヌジェ&フレンズ
・涙そうそう/平野孝幸

飛行中は上記5曲を聞くことができた。
知っている曲が違ったアレンジで聞ける。三線の音色がいい。
なかなか興味深いものがあった。
特に「涙そうそう」は ピアノソロでの演奏で歌はないものだがすごく新鮮に聞こえた。
奏者である平野孝幸さんをネット検索してみた。
きっとこのアルバム
からピックアップされたものだろう。

他に聴きたかった曲としては
・After The Rain/南風
・汗水節(インスト)/彩風

8月にまた乗る機会があるので聞けるといいな。
スポンサーサイト

コメント

この中で。。。

楽しいフライトだったようですね、きっじーさん。
知っている曲が違うアレンジで違う人の声で歌われるというのは、聴くほうにとっても、ま違って楽しいものですね。
上記の中で私が知っているのは「夜間飛行/TINGARA 」だけです。
なんだか、リラクゼーションミュージックのような心地いい曲なので、フライトには持ってこいかもしれませんね☆

Re:この中で。。。

せん。さんは 沖縄系ミュージックよく聞かれてるのですね。詳しそ~
ボクが知っていたのは 沖縄民謡だけでした。

Retry

今日 羽田→伊丹乗ったのでさっそく聞いてみました。
「夜間飛行/TINGARA 」

これ、よかったです。
前回は気にならなかったけど 空の上で聞く 三線の音色 爆睡でした。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。