スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KCB@渋谷B.Y.G 2006/10/29

 2006年10月29日(日)  渋谷B.Y.G
 『第1回東京うたの日CD発売記念ライブ』
 KC6
  下田卓(Vo,Tp) 上野まこと(Ts) 小林創(Org)
  矢野伸行(Bs) 大澤公則(Ds) JAZZY-KANAI(BrS)


1部がkengo、2部がカンザスシティバンドという珍しい構成?
1部の後半に入店、後方カウンターに着席。
ここ数日控えていたギネスビールをオーダー。
くじ引きは”残念賞”だったけど ギネスの模型をもらった。ちと嬉しo(^-^)o

ピアノ音がすっごくきれいだった。
それとバリトンサックスが素晴らしかった。なんともいえないあの音色・音程にしびれた。

▽1ST [kengo]
1-?.木漏れ日の午後
コンピアルバム収録曲+2曲(1曲はインスト)を聞いた。
MCでは津田沼ストリートライブで任意同行(逮捕?)され前科のある身になったことを。
”音楽で生きていくしかない”と再認識したとのこと。(笑)
久しぶりに聞いたkengoソロ。
声がさわやか系なのでギター音ももう少し軽めのほうがいいのではないか?というのが素直な感想。
ギターのことはよくわからないけど弾き方というか出てくる音がゴワゴワしてる感じ。
インストの曲はさわやか的メロディだったのでkengoボイス乗せたらどんなだっただろう
ハヤブサの時のようにエレギもいいと思うんだけど。

休憩時間で客席が少し入れ替わったので上段の最前列へ移動
いつもは後方に陣取っている矢野ベースと大澤ドラムがよく見えた。
ほとんどこの二人の演奏を見ていたかも。

▽2ND [KANSAS CITY BAND]
2-1.26インチブギ
2-2.SWEET GEORGIA BROWN
2-3.モイスチャーガールブルース
2-4.間抜けなジェムジョー
2-5.LOVE FOR SALE BLUES
2-6.LUCKY OLD THE SUN
2-7.ジプシーマリー
2-8.励まし系俺式

入場中にオープニングBGMが終わってしまい
急いで演奏をはじめると曲中や1曲絵演奏後PAと調整するメンバー(さすが慣れてますね)
セットリストはBYGスペシャルの模様。どうしても選曲がアダルトなナンバーになるのだとか。

2-1は東京うたの日コンサートでも最初に演奏した曲。本日も最初に演奏!
コンピアルバムには最後に入っています。ブギウギしてます。
2-2矢部氏のスキャット、マイクなしでもばっちり聞こえましたよ
2-7はBYGではおなじみの曲になってきた。ストリップの歌。
 いつか近くの道頓堀劇場でバックバンドはKCBで出演したいと。そのときは見に行きますよ。

▽ENCORE
E-1.LOVE LETTER w/kengo(gt)
E-1.kengoが日本語詩をつけライブでも歌う曲だとか
それにしてもこの組み合わせどーなるの!? 
二人がフロントで並んだときは あまりにもありえない絵に面白くなってしまった
リーダーいわく「濁と清」 俺的には「老と若」 (卓さんごめん、でも年齢差感じたサ)
最初で最後かもしれないスペシャルセッション
選曲もアレンジもY本さんによるもので用意されていたようだ。
kengo(gt)、下田(tp)、小林(pf)、矢部(bs),大澤(ds)でセッション
kengoがアコギで軽く弾きながらコード進行、ピアノ、ベース、ドラムが順に音を重ねていく
kengoが歌う、シモタクが吹く 曲が一瞬止まる演出がベリーナイス!


メンバーみんなちょっとお疲れ気味の様子に見えたのは気のせいか。
自分の体調が万全でないこともあり、イマイチのりきれないライブであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kizzy.blog15.fc2.com/tb.php/362-f085df14

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。