スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TWO TONES@B.Y.G 2006/04/05

2006年4月5日(水)
東京・渋谷BYG
OPEN18:30 START19:30 2STAGE
TWO TONES by 内田勘太郎 島袋優

 *写真はBYGフライヤーより



3月初に緊急発表のあった”Two Tones ~ギター浴ヘ行こう!~”
渋谷・横浜・大阪・京都の4ヶ所ツアーのうち渋谷BYGのチケットを予約していました。
予約をしていたので職場でゆっくりしていたら電話応対などアリ
開演ギリギリの入店になってしまった。
19:30ライブスペースに下りるとすでに満員状態。受付番号60番台なのになぜ?
身動きが取れない状態の中1部が柱があるので島袋優だけが見える立ち位置を確保
ときどき体を大きく傾けて内田勘太郎を見る、そんな体勢で一部は過ごした。

一部演奏が終わり、勘太郎さんがみんなにお願いしたいことがあるという。
”くれぐれも帰らないでください” おかしかったな。
休憩時間に辺りを見渡すと前方にBEGINファン仲間がたくさんいたので挨拶しに行った。
その中にはなんとコマッキーさんがいてびっくり久しぶりの再開でした。
詰めれば座れるヨという言葉に甘え座らせていただいた。
二部はじっくり、ばっちり、スピーカー下で音も良質!ここは良席だ。
考えて見れば2005/12/7ハヤブサライブの時と合わせてまだ2回目だった。


ステージ上は二人のギタリストのみ。
ギターが二本あればたいていの曲はできますと勘太郎さん。
内田勘太郎さんの演奏は初体験だった。
フレット間弦を行き来する左手の指がとてもキレイ。
右手は親指人差し指で”つまびく”感じが有山じゅんじさんを髣髴させた。
”味”のある演奏だった。
ブルージー、ハワイアン、ウエストコースト、沖縄民謡など
以下曲順、曲名は間違っているかも
・TWO TONESのテーマ曲
 1部にやったが緊張がほぐれた後にもう1度演奏
・ギター浴に行こう
・ご陽気に
 ♪琉球ならいちゃりばちょーでー
・ピープルゲットレディ
・てぃんさぐぬ花
・WAVE cooool!
 勘太郎さんはメイン演奏だが裏で弾いている優氏のほうが難しいと解説
・ブルージーな曲×2曲
・恋しくて
 THAT'S BEGIN!!
インストのみ、歌ありなどを聞かせてくれた。

嘘のような本当の話という二人の小噺?も面白かった。
優さんはそば屋での話。勘太郎さんはおでん屋での話。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kizzy.blog15.fc2.com/tb.php/299-0e2313f0

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。