スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFC@YELLOW NOTE'S 2006/03/11 (夜の部)

SOUL FOOD CAFE LIVE at Yellow Note's
2006/3/11(土)
open 5:00pm 1st 6:00pm- 2nd 7:15pm-
music charge : \3000(1drink) 予約制:30席限定 
JAZZ BAR YELLOW NOTE'S 048-755-4411 春日部市中央1-4-8


785a.jpg


続きはあとでたっぷり書きます!!
この日のきっかけをくれた方、そして出会えた人、
お世話になりました&ありがとうございました。

3月21日更新(たっぷり書けませんでした。ごめんちゃい)

昼の部が終わり駅前に移動、遅めの昼食&コーヒータイム。
夜の部は BAR『YELLOW NOTES』さんへ。

一時間ほど前に入店しギネスをオーダー。お店のカウンターには常連さんと思われる人たちがすでにまったりと飲んでいる。
お店の雰囲気はとてもきれいでおしゃれなBARといった感じでカウンターの中にはホテルのバーテンダーとも思わせる容姿の男性が2名。
壁一面の棚にはウィスキーボトルがたくさんあったりレコードの棚や大きなスピーカーなどなど。
絶妙なライティングもいい雰囲気を出している。ここはJAZZ BARだ。




SOUL FOOD CAFE for ADULT LIVE in YELLOW NOTES は予約で満員の店内で静かに始まった。1部はしっとりと、休憩後の2部はミュージシャンもお客さんもいい感じにお酒が入ってテンション高めに。
とっても贅沢なライブでした。参戦できてよかった。

SOUL FOOD CAFE
 古川奈都子(vo,p) 海付豊(ts,cl) 磯崎丈(bs) 平林義晴(ds)
 小森信明(tp) 石原由理(tb)


drink order:GUINESS BERR,DEWARS with SODA

セットリストはボクの英語のヒアリングが確かなら・・・。◆は不明or一部しか聞き取れませんでした。

1-1.◆Reason Street Blues
1-2.◆Think you tell a lie
1-3.You Be Long to Me
1-4.Cresent City Track
1-5.Caravan (Sweet Gerogea Brown)



2-1.◆トタン屋根のブルース
2-2.Struttin With Some BBQ
2-3.Do You Know What It Means To Miss New Orleans
2-4.Down By The RiverSide
2-5.Caldonia
2-6.◆



奈都子さんはニューオリンズのことをいつも丁寧に解説してくれる。
街の様子や人々の様子、それと演奏曲にまつわることなど、
行ったことない街だけど行った気分になるしすごく興味が沸いてくる。
3管のバンドはニューオリンズにはよくあるスタイルで2曲レパートリーがあれば結構まわせるって話に。
強弱で2パタン、歌ありなしで2パタン掛け合わせれば4パタン(笑)
ニューオリンズには「ルイ・アームストロング空港」という名前になった空港がありサッチモの曲がいつも流れている。

開店して7年目初めてライブを開催できるようになったと教えてくれたのはお店のBOSS佐藤さん。
素敵なお店で素敵なJAZZ音楽を聴けてとても嬉しかったです。記憶に残る思い出の日になりました。
またライブ開催されることを楽しみにしてます。

WONDERFUL TONIGHT!! Thank you SOULFOODCAFE & YELLOW NOTES


SFCはこの日の二日後3/13-23までニューオリンズに出かけるという。
また話しを聞くのが楽しみです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kizzy.blog15.fc2.com/tb.php/275-ce287559

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。