スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下地勇@東京キネマ倶楽部 2005/10/29

[下地勇-GAJAMIKI 2005-@東京キネマ倶楽部 2005/10/29]
10290003.jpg10290005.jpg

ライトダウンされ会場に鳴り響く宮古おばぁ島唄があかぺらで流れる。
時々おしゃべりしながらすごくほのぼのした雰囲気。
会場には恐らく宮古島出身の方が多いのだろうミヤークフツ(宮古島方言)に反応している

暗いまま会場の手拍子に包まれ下地勇(しもぢいさむ)&フルバンド(guff団)の登場だ。
席は中央やや左より前から3列目ステージは近い下から見上げる感じでパワフルなステージングでライブは始まった。

宮古島方言で歌った歌を勇さんはカザフスタンみたいな言葉だと表現。
小噺をひとつ。宮古では畑のことを「パリ」という。マスコミからレコーディングはどこで?とよく聞かれるので「パリで」って答えるんです。(笑)

アコースティックなイメージを想像していたのでこのフルバンドには正直圧倒された。
ドラム・ピアノ・ウッドベース・ギター・エレキギター・パーカッション・アコギの勇さん含め7人構成のフルバンドは時に熱く優しく激しく、ジャズ、ブルース、ボサノバ、ロック、フォークなど様々な演奏を聞かせてくれた。

M5.大和ぬ風
ミヤークフツで弾き語り風なこの曲、会場のざわめきが目立った。
ボクの後ろ席にいた中学生と思われる兄弟も反応していたな。
曲が終わると会場の女性が「たんでぃがーたんでぃー」

そして島袋優(BEGIN)の登場だ。アルバム『また夢でも見てみるか』のプロデューサーである優氏、ふたりの共演が始まった。勇+優=イサルだ。
宮古島出身の勇、石垣島出身の優 宮古と石垣は仲が悪いと勇さん。
優氏、緊張している様子でMCを振られても振り返す、勇氏がそれはいかんと振り返すが更に振り返して結局しゃべってくれなかった。勇氏の山手線車両でのどうでも良い話も楽しかった。ちゃんとオチのあるところがお笑い系かも。
M7.また夢でも見てみるか
M9.シビランカ
優氏のギターテクにしびれました。会場が静まり返っていた。

<セットリスト> りょうちさん提供 *は優氏共演
1.開拓者
2.捨てぃうかでぃな
3.ネマの娘
4.ジャズィー・ミャーク
5.大和ぬ風
6.宝のとき*
7.また夢でも見てみるか*
8.息子よ*
9.シビランカ*
10.ガレキに咲く花*
11.ハイ・アグ
12.おばぁ
13.豊満世
14.ZUMI
15.やっう゛ぃおじぃ
16.サバぬにゃーん
17.ワイドー
~アンコール~
18.あの夏の日
19.心のうた

レトロな雰囲気が漂うキネマ倶楽部、最後は会場総立ちでキネマ倶楽部はステージと会場が一体化!
外は小雨だったけどライブ会場は熱い熱い夜だった!
下地勇ライブ初参戦、太い声、渋く、男くさくかっこよかったぜ!


記憶に残るライブになりました。


▼下地勇オフィシャルサイト
http://www.isamuword.com/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kizzy.blog15.fc2.com/tb.php/130-fe9eeeba

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。